HOME > 商業印刷 > オフセット枚葉機 > カレイド印刷

カレイド(広演色)印刷

印刷原稿のデジタルデータによる制作が主流の現在、RGBモニターの色表現領域を中心にデザインや写真の制作が行われています。しかし、従来のプロセス4色印刷ではRGB表現に比べて色表現領域が狭いため、思い通りの色再現ができませんでした。当社では、RGB画像の広い色表現領域を再現するために、東洋インキ製造㈱が開発した4色枚葉プロセスインキ「Kaleido」を使用、4色印刷機で6・7色印刷に近い色再現を可能としました。従来では考えられない色再現性が、色調に厳しいお客様のニーズにお応えします。

高速オフセットは、東洋インキ製造㈱のホームページにカレイド品質が確立されている印刷企業として紹介されています。
http://www.toyoink.jp/ja/products/kaleido/company.html

カラーマネージメント

広演色印刷を実現するためには、印刷の標準化が必要です。そのためには、プリプレス・プレス分野でのCMSが不可欠です。当社は、CTPの導入、ICCプロファイルによる色管理、製版カーブの調整、印刷機でのドットゲイン調整等が可能な環境を有しています。

濃度管理

カレイドは、レギュラー色相とは異なり、インキ色相から濁りを取り除いているので、視感濃度が薄く感じられます。当社は、分光光度計を使用し、徹底した色彩値および濃度値管理を行っています。

カレイド印刷のPOINT

  • 環境にやさしいSOYインキ
  • 4色印刷機で6・7色印刷に近い色再現
  • AdobeRGBイメージに近い最終印刷物
  • カラーカンプのイメージに限りなく近い印刷
  • 専用プロファイルにより、最終印刷物の色再現を確認可能
  • 高精細印刷の活用で美しい印刷を確保
  • 黄・紅・藍の鮮明性(C値)向上
  • 二次、三次色の発色性向上

AdobeRGBに対する再現性

AdobeRGBに対する再現性

色相/彩度と明度による2次および3次元表記の色度図

色相/彩度と明度による2次および3次元表記の色度図

※「カレイド」「Kaleido」「広演色」は東洋インキ製造㈱の登録商標です。