ホームコラム >チラシや広告の効果がイマイチ…という方に試してほしい印刷会社が教える施策3選

チラシや広告の効果がイマイチ…という方に試してほしい印刷会社が教える施策3選

2018.03.15

「折込チラシの効果を感じなくなってきた…」
という悩みはありませんか?

ただ単にチラシを印刷して配布するだけでは、思ったような効果が得られないこともあります。

・読んでくれているけど買わない、行動にうつらない
→紙面のデザインや企画はどうか?
・チラシが目に留まらなかった
→目に留まる工夫をしているか?
・そもそもチラシ自体すぐに捨てられている
→獲得したい顧客はチラシを読む世代か?

原因は様々ありますが、獲得したい顧客の行動パターン、
または年齢や性別、地域に合わせて広告の手法を変える必要があります。

今回は、パターン別にチラシや広告の効果を上げる事例・戦略をちょっぴりお教えします!

1.チラシを読んだけど行動に移さなかった

→お店に来たり、何かに登録したりする仕掛けを導入!

チラシを読んだけどアクションに移らなかった…
つまり、チラシを読んだ後の「行動」に繋げるアピールが低い状態です。

弊社では、1枚1枚違った情報が入れられる「バリアブル印刷」が可能で、
大きなレスポンス効果が得られると好評をいただいております。

たとえば…

① チラシに「くじ」をつけ、お店で結果発表!

クリスマスプレゼント企画、年始のお年玉イベントなど、各季節で行えます。

② 多数の店舗があるお店では、地域ごとに入れるお店の情報を変える

大阪店には大阪店の情報だけ、神戸店には神戸店の情報だけをいれることで
余計な情報を省くことができ、文字を目立たせやすくします。
「北千里エリアへお住いの皆さま」などターゲットをダイレクトにしぼることも可能です。

などなど。
「可変情報を入れられる」ので、上記の使い方以外にも様々な企画ができます。
アイデア次第で戦略がぐんと広がりますよ!

↓↓バリアブル印刷のページを見る↓↓

バリアブル印刷のページへ

2.チラシが目に留まらなかった

→はみ出るチラシで目に留まる!

チラシなどを刷る輪転印刷には「くわえ位置」というものがあり、
その部分はインキをのせることができません。
つまり、どうしても紙片に余白ができてしまうのです。

新聞にはさまったとき、白くはみ出ているチラシはたくさんあります。
どれも一緒に見えるので、目立たないのです。

「四方を断裁する」のも一つの手ですが、
余計な工程がかかり、コストもかかってしまいます。

高速オフセットでは、そんな悩みを解消するために印刷職人たちが新技術を開発!
くわえの位置をうまくずらすことで、断裁の工程なしで端まで印刷することが可能になりました。

その名も「XWide Print! エクスワイドプリント!」
端まで色が載ることで、新聞の中でも目立ちます。

断裁の工程がないのでコストは必要以上にかかりません!
チラシでお悩みであれば、ぜひ一度お試しください!

↓↓XWidePrint!特設ページへ↓↓

XWide Print!のページを見る

そもそもチラシ自体捨てられている

→チラシ+WEB広告のクロスメディアで幅広い年代層をカバー!

近年では、新聞をとらずチラシ自体を手に取らない方も増えています。
そういった世代にもアプローチするのであれば、やはりWebマーケティングは欠かせません。

高速オフセットでは印刷広告に加えて、戦略のあるWebマーケティングで御社の広告をサポートします!

Webでできる広告手法はいろいろありますが、一番簡単なのは「ランディングページ作成+バナー広告」。
ランディングページとは、1ページに商品やサービスの記事をまとめたページのことで、
他のページを見なくてもその商品の特徴をつかむことができるのがメリットです。

弊社で受けた案件では、
★とある商品のランディングページを作成し、Web広告をうったところ、商品の売り上げが前年の3倍になった
★夏の来客を促す広告を出したところ、1年目は2倍、2年目は前年比3倍の来客があった
と、売り上げ増の効果を出しています。

チラシ広告は年代層の高いエリア向けに、若年層にはWeb広告で集客といった手法もおすすめです!

いかがでしたか?
高速オフセットでは様々な場面で、広告の効果を上げるお手伝いができます。

まずはご相談だけ・お見積もりだけでも構いません。ぜひ、お問い合わせ下さい!

Backnumber一覧

お見積りはこちら ご相談・お問合せはこちら