ホームコラム >ダメなホームページのチェック5箇条 ホームページがこんな状態に陥っていませんか?

ダメなホームページのチェック5箇条 ホームページがこんな状態に陥っていませんか?

2018.03.23

ダメなホームページのチェック5箇条

最近、ホームページのリニューアルを考えているお客様より
「ホームページで集客をあげたい」
「検索で上位にしたい」
「お問い合わせを増やしたい」
といった、見た目だけではなくホームページの質に対するご要望も多くなりました。

今回は「今、最低限これだけはクリアしておきたい」ホームページのチェックポイントを5つお教えします!

運用しているホームページが1つでも下記に当てはまる場合はぜひ改善を!
少し改善するだけでも、検索順位やホームページのアクセス数、滞在時間などが変わってきます。

ホームページのリニューアルを考えている方も、そうでない方も、一度ホームページをチェックしてみてください!

1. ホームページがすべて画像

危険度☆☆

派手に見せるために文字を装飾したデザインにしてしまうと、文字を画像として処理しなければなりません。

文字を画像にしてしまうと…
・画像が1ページにたくさん表示されてホームページが重たくなる
・Googleなどの検索エンジンは文字情報をひろうため、検索順位に大きな影響を与える
・サイト内の検索ツールが使えない
読み上げソフトで読めないので、一部のユーザーに影響を与える
修正作業が大変

などなど、たくさんのデメリットが。
「画像にしなくても良いもの」は、極力画像にしないことをお勧めします。

2. 表示が遅い

危険度☆☆

近年、Googleはホームページの読み込み速度が速いサイトを好む傾向にあります。
表示速度の遅いホームページは減点の対象となります。
ホームページで使う画像はできる限り圧縮しましょう。

とくにスマートフォンが普及してから、wifiを使ってサイトを見るユーザーも多くなりました。
「見たい」と思った時にストレスなく見られるサイトにすることは、ホームページのファンを増やすことにもつながります!

3. どのページもタイトルが同じ

危険度★★

タイトルとは?
・検索エンジンでのリンクタイトル
・ホームページを開いたときの「タブ」
に表示されます。

このタイトル、すべてのページで同じものが表示されている場合は要注意。
タイトルは、開いているページの内容に沿ったものである必要があります。
タイトルが複数のページでかぶっていると、検索エンジンでペナルティを与えられることもあるのでぜひ改善しましょう。
※Googleでペナルティの対象となると、サイトの検索順位が極端に下がることもあります!!

4. スマホで見る人が多いのにスマホ対応していない

危険度★★

スマートフォンの個人保有率は年々上昇しています。総務省のHPによると、「iPhoneが2007年に米国で発売されてから2017年で10年が経過した。スマートフォンは国内外ともに急速に普及してきており、この傾向は他の情報通信端末と比較するとより明確になる。スマートフォンの特徴として、1人が1台持つ情報端末であることが挙げられる。」とのこと。

ホームページは、作るときにどのデバイス(パソコン、タブレット、スマートフォン)に対応して作るかを考える必要があります。

すべてのデバイスに対応するためには
・パソコン用、タブレット用、スマートフォン用と分けて作る
・レスポンシブデザイン
(見る人の画面サイズによってページのレイアウト・デザインを柔軟に調整する手法)
といった方法が挙げられます。

検索に強い・評価の高いホームページを目指すなら、Googleも推奨している「レスポンシブデザイン」をおすすめします。

弊社のホームページもレスポンシブデザインです。
デスクトップPCの方は、ウィンドウの幅を広げたり、狭めたりしてみて下さい。
どのサイズでも、内容がきちんと枠におさまっているかと思います。

5. ニュースやブログ、SNSなどの更新が止まっている

危険度★★★

FacebookやTwitterといったSNS、またはアメブロやホームページに流れるニュースなどの機能を取り入れたのはいいものの、更新するのが面倒で2016年、2015年など昔の日付でとまっている…
これはかなり「危険」な状態。
日付があまりにも過去のものだった場合、 ホームページに訪れた人は「この会社はまだ営業しているのか?倒産したのか?」と判断に迷い、サイトを離れる要因となってしまいます。

更新が去年で止まっているけどこの会社まだあるのかな?

更新コンテンツの日付は「新鮮さ」が命。
半年前、3か月前、1か月前でも「更新が遅い」と判断されかねません。
ウェブは手軽だからこそ、常に新しい情報を発信し続ける必要があります。

「でも、更新することがない!」という場合は日付をとってしまうのもアリ!

一番「ダメ」なのは…

そのほかにもホームページのチェックポイントはたくさんありますが、
一番ダメなサイトは「作って終わり」のホームページではないでしょうか。

ホームページは「改善」のできるツールです。
時代とともにデザインや機能の流行は移り変わりますが、
ホームページに訪れたユーザーの動向を分析し、改善していくことで
の時々に合ったサイトに直していくことができます。

今、ホームページが上記のチェックに当てはまっても、
一つ一つを直していくことで、確実にホームページへのアクセス数やページが見られる数は増えるかと思います。

ホームページは「手軽」ですが、手軽だからこそマメな改善が大切!
ぜひ、定期的にホームページをメンテナンスしてあげてください。

Backnumber一覧

お見積りはこちら ご相談・お問合せはこちら